スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々
2月26日から公開された「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」。
(PERCY JACKSON & THE OLYMPIANS : THE LIGHTING THIEF)

オリンポス


公開初日、早速観賞して参りました。

ギリシャ神話は、神々が人間以上のドロドロ劇を交わすことは有名ですが、
こちらの作品でも大人気無い神々の嫉妬と喧嘩が原因となる物語です。

簡単に言ってしまえば・・・
ゼウス、ポセイドン、ハデスの3兄弟の兄弟喧嘩に、
主人公のパーシー・ジャクソン青年が巻き込まれてしまうというもの。

そしてここから謂れもないない理由で襲われ続けるパーシーの
命がけの冒険が始まるのです。

実はこのパーシー、ポセイドンと人間のハーフだったのです。
しかし、当の本人はそんなことなど知る由もなく
ここまで育って来たわけです。

ちなみに彼、なぜかお勉強はあまり得意ではなさそう…

その理由は…?!


ある日突然、彼の身に信じられない出来事が起きるのでした。
それを機に、自分の身の周りの真実が次々と明かされることとなります。

全般的には、まあ、子供用に作られた物語と言っていいでしょう。

エンターテイメントとしては大人もそれなりに楽しめます。

見どころは、
前代のジェームズ・ボンド、ピアース・ブロスナンが、下半身が馬のケンタウロス役。
「Kill Bill」のユマ・サーマンがメディウサ役で登場するところ、でしょうか?

なかなか二人とも様になっていたように思います。

また、天上の最高神ゼウス役は、ブラット・ピット主演の「トロイ」でオデュッセウス役をしたジョーン・ビーン。
なかなかいい感じでした。

パーシーの父、ポセイドン役は、海外TVドラマ「ROME」でルキウス・ヴォレヌスを演じたヴィン・マクキッド。

お二人とも、さすがにギリシャ神の姿が様になっておいででしたよ。


それにしても、天上の最高神ゼウスともあろう者が、
自分の稲妻を盗まれたということで血相を変えて怒り狂っている様は、
「ああ、ギリシャ神話だなあ~」と感じさせるのであります。

まあ、ギリシャ神話は、ドロドロメロドラマと子供の喧嘩の人間模様・・・ならぬ、神様模様ですものね。

映画は、有名な神々がチラリ、チラリと出てきますが、
本格的にギリシャ神話にはまってしまったら、
それはそれで、面白いわけで。(←以前、私もはまったことがあります)

そういうわけで、細かいことは気にすんな♪精神で愉しんで観てください。






にほんブログ村 映画ブログへ

テーマ:最近見た映画 - ジャンル:映画

【2010/03/04 09:18】 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ロスト・シンボル  | ホーム |
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://nanairoyumeji.blog129.fc2.com/tb.php/1-c3f252df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。